夏の睡眠不足 改善

夏の夜は寝苦しく、どうしても睡眠不足になりがちです。
ぐっすり眠れないと体力もじゅうぶんに回復せず、健康に悪影響が出ることもあるでしょう。


夏の睡眠不足を改善するためには部屋の温度を下げれば良いのですが、
冷房をつけて寝てしまうと、風邪をひいたり、余計に体調を悪くする場合もあります。


冷房を使わないで温度を下げるには「寝室を青くする」ことが有効とされています。
部屋の温度を下げるわけではなく、体感温度を下げるというわけですね。

実際、暖色系の色の寝室よりも青い系の寝室の方が、体感で3℃低いというデータもあります。


睡眠は脳の休憩とも言われていますので、脳が3℃低いと感じられれば眠りやすくなるはずです。


ただ寝室を丸ごと青くするのは難しいので、冷却マットを使うと良いですね。


冷却マットが青いのも体感温度を下げるためなんでしょうね。